カウンセリングとは

最近はカウンセリングを受ける方も増えていますが、なかなか気軽にというわけにはいかないかもしれません。皆さんも身近な方に悩みを聞いていただいたりされた経験などおありかもしれませんね。わざわざカウンセリングルームに行かなくてもいいのでは、と思われる方はまだカウンセリングは必要ではないかもしれません。

カウンセリングとはどのようなものなのでしょうか。人は日々様々な悩みや迷いなどに直面します。日常のちょっと、誰かに聞いてほしいというお話から、長い間解決できずにずっと我慢しているという場合もあるでしょう。こころと身体は繋がっていますので、こころの状態が身体の不調に出てしまっている場合もあるかもしれません。

カウンセリングでは、どのような内容であっても、お話いただいて良いのです。愚痴でもかまいません。軽いうちに誰かに聴いてもらうことで、深刻になる前に悩みを解消することも大切なことです。なので、カウンセリングでも、ただ、聞いてもらうだけで、スッキリされる場合もあるでしょう。あなたに、「気づき」がもたらされるでしょう。

まずは、あなたのお話をじっくりとお伺いいたします。また、長い間、悩み、解決方法が見つからず、何から話したらよいかわからないという場合もあるでしょう。もし、言葉が見つからないという場合でも大丈夫です。なぜならあなたの中には、本当はあなたを導いている羅針盤があるからです。

カウンセリングを受けに来ていただいたという勇気をまず受け止めます。その上で、あなたの中にある願い・望みに光をあてます。苦しみの原因になるものを探し、あなたとカウンセラーが同じ未来に向かって、進みます。

カウンセリングは、カウンセラーが答えを差し出すというより、あなたとカウンセラーとの共同作業であり、お一人お一人に合わせたオーダーメイドです。あなたのお手伝いをするために、違った角度から物事を見ることができる者がカウンセラーです。あなたの中の宝を探しに、どうぞいらして下さい。

「カウンセリングルーム 光あれ」について

「カウンセリングルーム光あれ」のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

カウンセラーのプロフィールにあります通り、私は長年、様々な症状に苦しみながらも、自分らしく生きたいと願い、自分なりに努力を続けてきました。

そしてなぜこのような経験をしたのかを問うた時に、やはり、同じように苦しむ人に寄り添う事ができるようになる為だったのではないかと思えるのです。なぜなら、このような経験をする前の自分では、到底分かり得なかったであろう様々な思いを理解することができるようになったからです。

人の苦しみは言葉で説明しても、理解してもらえないことも多いですが、似たような経験をした者であれば、身をもって実感できる場合があると思います。だからといって、自分の経験は、私のみの経験でありますので、自分の経験からの理解を、押し付ける事はいたしません。

クライアント様お一人お一人に真摯に向き合い、理解できるよう努めています。その上で、クライアント様が持っている個性を発揮できるよう、その良さに気付いて、進んでいただけるようなカウンセリングを心掛けております。

苦しみは人それぞれですが、一人で苦しむのではなく、そこにその心情を理解してくれる人がいることは、大きな力になり、またそこから気づきや解決の糸口も見つけやすくなるのではないでしょうか。まずは、お気軽にご連絡をいただければと思います。